日本語教師にインタビュー!

日本語学校スタッフ座談会

本日は、日本語学校に勤務している、主任の大内さん、アドミンマネージャーのローラさんを迎えて座談会を行いました。普段二人がどのような気持ちで働いているか、 ぜひ、座談会をお楽しみください。

 

ローラさん大内さん

ローラさん             大内さん

お二人が働こうと思ったきっかけは?

大: 日本語を教える事で国際交流ができることって、素晴らしいことだなと思ったからですね。 義務教育で無理に日本語を教えられている学生よりも、民間の向上心がある学生に楽しく学んでもらいたいと思ったのがきっかけです。

ロ: 大学の頃からイタリア語と日本語を勉強していて、仕事につなげたいと思ったからです 。

 

そんな日々の中でやりがいを感じるのはどんな時ですか。

大:やはり、学生が話せる様になったと実感するときですね。そのような場面に出会える仕事はなかなかないと思いますし、もっと頑張ろう!と思います。

ロ:お客様に「ありがとう」「楽しかった」と言われた時ですね。 どんなに疲れていても、この言葉で頑張れます。

 

なるほど!それではお仕事の中で気をつけている事はなんですか。

大:難しい内容でもお客様が楽しく、たくさん発声練習ができる様に特に気をつけていますね。まだまだ勉強中の日々です。

ロ:視野を広くして、常に周りを見るようにしています。 最初の頃はお客様と教師の間で、どうしても自分のことで一杯一杯になっていましたからね。 毎日コミュニケーションをしっかりとるようにしています。

 

では、日々の生活の中でリフレッシュする時は何をしていますか。

大:基本的に外に出るようにしています。時間が合えば友達と遊んだり飲んだりしていますし、運動が好きなのでよくジムへ行っていますね~。

ロ:家でゆっくり出来る時は、体を休めてます。 あとは、買い物に行くのが大好きなので一人でも行っちゃいます! 大学の友達と飲みに行ったときは、お互いの仕事の話やプライベートの話をしてリフレッシュしてますね。

 

最後に現在の目標について教えてください。

大:お客様のため、自分のため、周りの方のために早くランクアップをしたいです。 またそのことでメルボルンで「日本語学習」という存在を大きくしていきたいです。

ロ:接客力がまだ足りないので、ニーズをよく知り学生にあったトークができる様になりたいです。 また、教師と共に二人三脚でお仕事ができるように頑張ります!

 

(インタビュアー)

JM日本語学校の人気の秘密は、レッスンは何より教師の研修・教育制度がすばらしい事が分かりました。

講師の方達も情熱を持って教えてくださいますし、一生つきあえる仲間もできますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

WordPress SEO fine-tune by Meta SEO Pack from Poradnik Webmastera